ニッポンプラットフォーム、宮城・仙台で“Amazon Pay”のキャッシュレス決済体験イベントを実施

~地元商店街と「キャッシュレス推進プロジェクト」~

「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」および「日本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供する、NIPPON Platform株式会社(代表取締役社長:菱木 信介、以下 ニッポンプラットフォーム) は、日本におけるキャッシュレス化を促進すべく「キャッシュレス推進プロジェクト」を展開しています。
その一環で、仙台駅北隣に位置する仙台市青葉区の宮町商店街振興組合が主催する「第23回お宮町秋まつり」会場(仙台東照宮境内)にて、Amazon Payのキャッシュレス決済体験ができるイベントを10月19日(土)に開催いたしました。



イベントの概要

<1、Amazon Pay決済体験で、金券500円プレゼント!>
お宮町秋まつり会場で「Amazon Pay体験コーナー」を設置。Amazonのショッピングアプリをダウンロードして、Amazon Payでのお支払い準備ができた方には、当日会場で利用できる金券500円をプレゼントいたしました。

<2、スタンプを集めて、化石発掘無料体験 & Amazon Payで決済をすると、化石発掘体験キットを特別割引価格で販売!>
イベントでは、宮町のスタンプ協力店舗を巡りスタンプを5個集めると、秋まつり会場で「アンモナイト化石発掘体験」を無料で体験できるコーナーや、通常1,000円の化石発掘体験キットをAmazon Payで決済された方には、特別価格の100円で販売いたしました。


キャッシュレス体験イベントの成果

秋まつり当日はあいにくのお天気でしたが、約20名の地元の皆さんにAmazon Payでのキャッシュレス決済体験をしていただきました。キャッシュレス決済をはじめて利用された参加者からは、「意外とかんたん!」「小銭を出さなくてよいので、とっても便利!」といった感想がありました。
商店街には「Amazon Payの支払いで10%OFF」とステッカーやポスター、チラシを作成してキャッシュレス決済を積極的に打ち出し、お客さまを呼び込もうと試みるお店も数多くありました。

10月1日より消費税が10%に上がり、政府は緩和措置として最大5%のキャッシュレス還元策とともに、2025年までに日本のキャッシュレス普及率を40%に掲げ「キャッシュレス社会への移行」を目指しています。このたびの仙台・お宮町秋まつりにてキャッシュレスイベントを実施することで、子どもからお年寄りまで幅広い年代層の多くの方に、キャッシュレス決済推進の啓蒙活動を広げる機会となりました。
ニッポンプラットフォームは、イベントを一緒に盛り上げてくださった仙台宮町商店街振興組合の皆さんに感謝し、引き続き商店街の皆さまと協力しながら、仙台はもちろん、日本各地の地域創生・地方創生の活動を後押しして参りたいと思います。

▼キャッシュレス決済も可能な『ニッポンタブレット』は初期費用無料、月額10万円まで決済手数料0%、
おみせに10%上乗せ還元キャンペーンなどお得なキャンペーンを実施中!

https://nippon-tablet.com/application/index1.php



ニッポンプラットフォームについて

「中⼩個⼈商店を中⼼とするおみせ活性化を起点とした地域創⽣・地⽅創⽣の実現」および「⽇本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、タブレットの無償提供、QRコード決済アグリゲーションサービス、IPカメラを活⽤したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービスなど、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供しています。


ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年11月20日現在)

Amazon Pay, d払い®, pring, atone, WeChat Pay, NETS Pay, DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty


おみせ応援マップ

<Amazon Pay>
https://www.omise-map.jp/amazonpay
<pring>
https://www.omise-map.jp/pring


■ NIPPON Platform株式会社について
本社    : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
ホームページ: https://nippon-platform.co.jp/
代表    : 代表取締役社長 菱木 信介
設立    : 2016年9月
資本金   : 502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容  : スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧問    : 橋田 浩一(PLR*1技術顧問)
        東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授
        *1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
        PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。

ページトップへ