「Amazon Pay」でスマホ決済、「しものせき海響グルメフェス」

〜ニッポンプラットフォームがグルメチケットブース支援を実施〜

「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」および「日本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、様々なキャッシュレスソリューションを提供するNIPPON Platform 株式会社(東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下ニッポンプラットフォーム)は、2019年10月13日(日)、14日(月)に山口県下関市で開催された「しものせき海響グルメフェス」にて「Amazon Pay」でグルメチケットを購入できるようブース支援を実施いたしました。数多くのご来場の方々にキャッシュレスでのチケット購入を体験いただきました。

▼QRコード決済も可能なニッポンプラットフォームのタブレット端末『ニッポンタブレット』詳細
https://nippon-tablet.com



キャッシュレス決済で待ち時間の短縮。スムーズなチケット購入が好評!

好天に恵まれた「しものせき海響グルメフェス」では、老舗・有名店・人気店のシェフによる下関の新鮮な地元食材を使用した【S級グルメ】を求めて約1万5,000人もの来場がありました。ニッポンプラットフォームは、ご来場の方々がQRコード決済でもチケットを購入できるように、Amazon Payの決済手段の提供や、チケットブースへお越しの方々へAmazon Payのキャッシュレス決済の方法をご説明しました。現金のやり取りでは、チケット購入までにお釣りの受け渡しで時間がかかるところ、「QRコード決済ならスマートフォンのみでカンタン・スムーズにチケットを購入できる」と、ご来場者の方々から好評をいただきました。Amazon Payは、Amazonショッピングアプリがスマートフォンにインストールされていれば、面倒な初期設定なしにクレジットカードとの紐づけだけで、どなたでも直ぐにご利用いただけます。

ニッポンプラットフォームについて

「中⼩個⼈商店を中⼼とするおみせ活性化を起点とした地域創⽣・地⽅創⽣の実現」および「⽇本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、タブレットの無償提供、QRコード決済アグリゲーションサービス、IP カメラを活⽤したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービスなど、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供しています。

ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年10月23日現在)

Amazon Pay, d払い®, pring, atone, WeChat Pay, NETS Pay, DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty

<おみせ応援マップ>
<Amazon Pay>
https://www.omise-map.jp/amazonpay
<pring>
https://www.omise-map.jp/pring


■ NIPPON Platform株式会社について
本社    : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
ホームページ: https://nippon-platform.co.jp/
代表    : 代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
        代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
設立    : 2016年9月
資本金   : 502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容  : スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧問    : 橋田 浩一(PLR*1技術顧問)
        東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授
        *1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
        PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。

ページトップへ