創業2年でキャッシュレスの世界に旋風を巻き起こしたベンチャー企業の創業ストーリー漫画『常識を疑え!!』

~最新13話までの合本が公開されました~


[左]日本語版 [右]英語版


▼「常識を疑え!!」第1話~第13話まで配信中。無料ダウンロードはこちら
https://nippon-platform.co.jp/message/download/


最新13話について

順調だった中、高木を襲った予期せぬスキャンダルがきっかけで、周辺では混乱が起きていました。高木のフラストレーションはたまりにたまっていた時、盟友・菱木が出した答えとは!?



『常識を疑え!!大いなる夢想』

ニッポンプラットフォーム創業者の高木純氏が原作したマンガ『常識を疑え!!大いなる夢想』は、ニッポンペイ(現ニッポンプラットフォーム)を創業した主人公の高木たちが、日本をキャッシュレス化するという事業ビジョンに向かう中、立ちはだかる様々な苦難に立ち向かい、それを乗り越えてきたノンフィクションの物語です。同マンガは、ニッポンプラットフォームのWEBサイトで無料公開をしています。



著書について

高木 純(Jun Takagi) : 2016年9月に株式会社NIPPON PAY創業。2018年社名変更。NIPPON Platform株式会社 代表取締役会長 兼 海外事業CEO、一般社団法人NIPPON応援団 理事、一般社団法人日本キャッシュレス化協会 専務理事、日本インバウンド連合会(JIF)副幹事長。「旅」をするのが生きがいで、ビジネスのヒントはいつも旅の最中に得ている。
たまたま訪れたアフリカのケニアで、現地の人たちが当たり前のように携帯端末を使って“キャッシュレス”で便利に支払いしているのを見て大きなカルチャーショックを受ける。日本でもスマホを使った電子決済は行われていたが、ケニアほど普及していなかったからだ。気づけば世界中でキャッシュレス化が進み、日本はすでに後進国になっていた。この経験から“日本をキャッシュレス化したい”という思いを強く持ち、ビジネスの場を日本に移す。

■ ニッポンプラットフォームについて
NIPPON Platform株式会社 (東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介)は、「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」及び「日本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、タブレットの無償提供、QR コード決済アグリゲーションサービス、IPカメラを活用したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービスなど、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供しています。

■ ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年7月5日現在)
Amazon Pay, d払い®, pring, atone, PAY ID, WeChat Pay, NETS Pay, DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty


■ NIPPON Platform株式会社について
本社    : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
ホームページ: https://nippon-platform.co.jp/
代表    : 代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
        代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
設立    : 2016年10月
資本金   : 502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容  : スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧問    : 橋田 浩一(PLR *1 技術顧問)
        (東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授)
*1 自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。
ページトップへ