ニッポンプラットフォーム、「日比谷音楽祭」でキャッシュレス体験を支援

「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」及び「日本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供するNIPPON Platform 株式会社(東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下ニッポンプラットフォーム)は、6月1日(土)と2日(日)に開催された「日比谷音楽祭」にて、QRコード決済が体験できるブースの支援を行いました。




⬛︎ Amazon Pay取り扱いブースで「ニッポンタブレット」を使ったQRコード決済を実施
Amazonの決済サービス「Amazon Pay」の取り扱いブースでは、タパスフードのチケット販売やオフィシャルグッズ、山野楽器 CD/DVDの即売所などでキャッシュレス決済を実施。
Amazon PayのQRコード決済が可能なニッポンプラットフォームの「ニッポンタブレット」で決済を行った販売スタッフからは、「簡単に決済ができて、小銭の用意をしなくて良いので、お店にとってはありがたい」と感想を述べていました。


山野楽器ブース前


⬛︎ Amazon PayのQRコード決済にも対応可能なタブレット端末「ニッポンタブレット」について
現在、日本において、Amazon Payによる実店舗QRコード決済に対応できる端末は、ニッポンプラットフォームが自社開発しているタブレット端末「ニッポンタブレット」のみです。
ニッポンタブレットでは、QRコード決済アグリゲーションサービス、IPカメラを活用したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービス等、様々なおみせ活性化ソリューションを提供しています。
ニッポンプラットフォームは、日本のキャッシュレス化推進のため、このタブレット端末を無償で店舗に貸し出しています。

⬛︎ 日比谷音楽祭とは
東京のセントラルパーク、日比谷公園で開催する、「フリーで誰もが参加できる、ボーダーレスな音楽祭」です。ライブを観たり、ワークショップに参加したり、誰もが思い思いの楽しみ方を見つけられるイベントです。イベントでは、あらゆるジャンルから日本を代表する著名なアーティストが集まり、演奏が繰り広げられました。
*日比谷音楽祭の「フリー」は、「無料」のフリー、「楽しみ方の自由」のフリー、「さまざまなボーダーからの解放」のフリーです。ボーダーとは、性別、障がいの有無、国や地域の境、音楽ジャンルの違い、世代の差、経済格差など。2日間で約10万人の来場がありました。

⬛︎ ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年6月10日現在)
Amazon Pay, d払い®, pring, atone, PAY ID, WeChat Pay, NETS Pay,
DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty


■ NIPPON Platform株式会社について
本社    : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
ホームページ: https://nippon-platform.co.jp/
代表    : 代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
        代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
設立    : 2016年10月
資本金   : 502,487,400円(資本準備金含む)
事業内容  : スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業
顧問    : 橋田 浩一(PLR *1 技術顧問)
        (東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授)
*1 自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。
ページトップへ