【9/1は防災の日】 オフラインでも使える防災アプリ「ポケットシェルター」が ニッポンタブレットのタブレット端末で使用可能に!

「防犯・防災・おもてなし」をキーワードに、店舗の防犯・防災に役立つ機能、そしてキャッシュレス決済や通訳などおもてなし機能を搭載した専用タブレット端末を店舗等に無料でレンタルする取り組みを行っているNIPPON Tablet株式会社(東京本社:東京都品川区、代表取締役社長:武田 知之、以下 ニッポンタブレット)は、このほど、同社の専用タブレット端末にポケットシェルター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤川 博久)の防災アプリ「ポケットシェルター」の搭載を決定、9月中に「ポケットシェルター」によるサービスの提供をスタートします。


ニッポンタブレット×ポケットフィルター

ニッポンタブレットのタブレット端末で防災アプリ「ポケットシェルター」が使用可能に




■オフラインでも使える防災アプリ「ポケシェ」とは?
「ポケットシェルター」は、観光と防災情報を提供する無料アプリで、平常時は地図アプリとして観光・交通情報などを提供しますが、非常時には、「防災モード」に自動的に切り替わり、アラートを鳴らして速報・警報の内容を地図に表示。すぐに近辺の安全な避難場所へ誘導をスタートします。基本的にすべての機能をオフラインでも利用できるのが最大の特徴で、あらかじめ自宅や職場周辺の地図をダウンロードしておけば、インターネット接続がなくても、GPS(衛星測位システム)に基づいた目的地検索や地図表示、音声ナビゲート機能などを使うことが可能に。また「近くの避難所を知りたい」「病院に行きたい」という場合には、避難所や給水施設、病院など計18万件以上の施設をカテゴリーごとに検索・表示でき、施設名をタップするだけでその場所までの経路をすぐに確認・ナビゲーション機能を使うことができます。さらに身動きが取れない状況でもタブレット端末やスマートフォンの位置情報をもとに自動的に安全性を確認、予め登録しておいた連絡先に安否確認メールを自動送信する機能も利用できます。


■店舗の「防犯・防災・おもてなし」サポートをタブレット端末1台で
ニッポンタブレットでは現在全国の店舗等に無料レンタル中のタブレット端末はもちろん、今後レンタル予定の全てのタブレット端末に「ポケットシェルター」の機能を搭載、災害発生時の店舗の「安全」と「安心」の確保をサポートいたします。実際の災害発生時にはもちろん、万が一に備えての避難訓練用ツールとしても、ぜひご活用いただけます。また、今後は店舗の従業員の安否確認や事業早期回復に向けたBCP(事業継続計画)策定にも役立つサービスを展開予定です。


ニッポンタブレットでは、今後もさらなる機能・サービスの充実を目指し、タブレット端末1台で「防犯・防災・おもてなし」をサポートする力強いパートナーとして、中小個人商店の皆様の経営と地域経済の発展に貢献してまいります。


■ポケットシェルター株式会社について
本社    : 東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MTビル14階
TEL     : 03-5404-3802
ホームページ: http://www.pocketshelter.jp/
代表    : 代表取締役 藤川 博久

■NIPPON Tablet株式会社について
本社    : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
TEL     : 03-6328-2627
ホームページ: https://nippon-tablet.co.jp/
代表    : 代表取締役社長 武田 知之
設立    : 2016年11月
資本金   : 14,000,000円
事業内容  : 店舗販促となる専用タブレット端末の製造、販売および各種サービスの提供事業
顧問他   :
・高木 純(創業者)
・橋田 浩一(PLR(*1)技術顧問)
 (東京大学大学院 情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授)
 *1 自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
   PDS(Personal Data Store)の一種で個人生活録
   (PLR:Personal Life Repository)のこと。
・山元 浩平(AI技術顧問)
 (人工知能技術研究者 Corpy & Co., Inc.創業者)
ページトップへ