ホテル国際21がNIPPON Tablet(ニッポンタブレット)との協業決定、電⼦決済サービスを導⼊し訪⽇外国⼈客に向けた対応を強化

ホテル国際21(所在地:⻑野県⻑野市、代表取締役社⻑:加藤 章)とNIPPON Tablet 株式会社(東京本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:武⽥ 知之、以下 NIPPON Tablet)は、2018 年2 ⽉21 ⽇、ホテルへ来訪する訪⽇外国⼈客にむけた「おもてなしサービス」の協業に合意いたしました。これはNIPPON Tablet が提供する電⼦決済機能を主体としたタブレット端末でのサービスであり、訪⽇外国⼈客に向けたサービスの拡充を図ることを⽬的としています。

ホテル国際21 は、ホテルを利⽤する訪⽇外国⼈客へのサービスの拡充策を検討する中で、世界各国ではすでに定着している電⼦決済サービス・キャッシュレス化の状況を捉え、電⼦決済を中⼼とした店舗顧客向け⽀援事業を進めるNIPPON Tablet のサービスに賛同し、この度採⽤することが決定いたしました。なお、サービス利⽤開始は2018 年3 ⽉中旬を予定しております。

これによって、ホテル国際21 では、Wechatpay(ウィチャットペイ)をはじめとする<電⼦決済サービス>を使った対応が可能になり、さらに<7 か国語テレビ通訳>なども同時に配備することによって、訪⽇外国⼈客へのおもてなしをより充実させることを⽬指します。


★NIPPON Tablet は2018 年2 ⽉よりMVNO 事業者となり、これと同時に市場投⼊する⾃社端末のすべてに通信SIM を搭載、無償で加盟店様へ提供することを開始しました。このSIM 搭載によって、場所を選ばずにどこでも通信を⾏うことが可能となり、災害時の避難ツール(避難場所情報提供、安否確認等)としても活⽤可能となります。


■ ホテル国際21について
ホテル国際21 は1969 年(昭和44 年)、総合結婚式場として開業した地域密着型ホテルです。
1998 年(平成10 年)に開催された冬季⻑野オリンピック及び冬季⻑野パラリンピックでは、IOC・IPCの本部ホテルに指定された、地域に根ざし伝統と格式を重んじているホテルです。『⻑野県のお客様だけでなく⽇本全国及び海外から御来館のお客様に満⾜いただき、感動していただけるホテルサービスを提供する』をメッセージとして持ち、地域社会の発展と⽇本の豊かな暮らしの実現に貢献することを経営理念としている企業です。

【会社概要】
本社: 〒380-0838 ⻑野県⻑野市県町576
ホームページ: http://www.kokusai21.jp
代表: 代表取締役社⻑ 加藤 章
設⽴: 1969 年9 ⽉


■NIPPON Tablet 株式会社について
NIPPON Tablet は店舗を持つ法⼈または個⼈を中⼼に、「防犯・防災・おもてなし」をコンセプトに3つの「あったら安⼼・便利」を提供します。NIPPON Tablet が提供するサービスのベースとして、専⽤のタブレットを提供し、そのタブレット内で各種防犯に関するサービス、防災に関するサービス、おもてなしに関するサービス(決済サービスが含まれます。)を提供します。今後この3 つのコンセプトに関するサービスを充実させ、店舗向けの「あったら安⼼」、「便利」を向上させて参ります。

【展開サービス】
〇防犯  防犯カメラ機能(2018 年4 ⽉開始予定)
〇防災  防災情報提供機能(2018 年準備中)
     避難情報提供機能(2018 年準備中)
〇おもてなし ・通訳機能
         ―7 か国語通訳機能
       ・決済機能
         ―訪⽇中国⼈向けモバイル決済機能
         ―⽇本⼈向けモバイル決済機能(2018 年春開始予定)
         ―クレジットカード決済機能(2018 年2 ⽉開始予定)
       ・集客、売上施策機能
         ―会員カード機能など

【会社概要】
本社: 〒141-0021 東京都品川区上⼤崎2-14-5-7F
ホームページ: https://nippon-tablet.com/
代表: 代表取締役社⻑ 武⽥ 知之
設⽴: 2016 年11 ⽉
資本⾦: 14,000,000 円
顧問他: ⾼⽊ 純(創業者)
PLR(*1)技術顧問 橋⽥ 浩⼀
(東京⼤学⼤学院 情報理⼯学系研究科 ソーシャルICT 研究センター教授) (*1) ⾃律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。PDS(Personal Data Store)の⼀種で個⼈⽣活録
(PLR:Personal Life Repository)の事。
ページトップへ