産経新聞1面に、ニッポンタブレットでキャッシュレス賽銭に取り組む徳島県・平等寺さんが掲載されました


12月26日付け夕刊に、2019年を象徴する「キャッシュレス元年」の広がりとして、平等寺さんが紹介されました。
谷口ご住職は、「社会のキャッシュレス化が進む中、寺社も変化する必要がある」と述べられ、「新たなものがあれば、現金にこだわる必要がない」ことをお話されています。
ページトップへ