「ジチタイワークス」観光・インバウンド号に、高木会長と東洋文化研究者アレックス・カー氏の対談が掲載されました。


インバウンド対策と観光公害を課題に、アグリツーリズム(農村民泊)とアルベルゴ・ディフーゾ(分散型の宿)、ゼロドルツーリズムの回避など、自治体注目の記事となっています。デジタルポイント設置が地方のインバウンドを変えるきっかけになると高木会長は提案しています。
ページトップへ